• トップ
  • すべての商品
  • 【赤 ミディアムフルボディ】二人でしっとりがピッタリの南仏カバルデスのお手頃ワイン[プティ・タリュオス](PETIT TALUOS 2012)

【赤 ミディアムフルボディ】二人でしっとりがピッタリの南仏カバルデスのお手頃ワイン[プティ・タリュオス](PETIT TALUOS 2012)


ワイン名 プティ・タリュオス
生産者 タリュオス
収穫年 2011
産地 フランス・カバルデス(原産地呼称: カバルデス)
色・味わい 赤・ミディアムボディ
ぶどう品種 シラー80%、メルロー20%(10kgの小さい籠を使い、手積み収穫。収穫は日が昇る頃に行い、ブドウが蔵に運ばれている最中に太陽熱で熱せられるのを防ぐ。)
熟成等 シラーの60%はマセラシオン・カルボニック。34度で4〜5日、その後3週間発酵。シラーの残りの40%はメルローと混醸。発酵前低温浸漬を6日間行った後、果実香を最大限保存するため、25度以下でアルコール発酵。プレス後、上記2つをブレンドし、マロラクティック発酵は同時にステンレスタンクにて行う。タンク熟成10カ月。
容量 750ml
評価 ワイノット誌と読者テイスターが選んだ61本のうちの「ふたりでしっとり」カテゴリーで銅賞
その他
商品番号 FR-TL-003
販売価格2,124 (税込2,294 円)
1万円以上は配送料無料(配送について
【開店記念につき、ポイント5倍!】106ポイント
ご購入数量 買い物カゴに入れる
ダークチェリーやベリーなどの芳醇な果実味に、すみれの花、チョコレートやスパイスなどのニュアンス。細やかなタンニンが良い感じで主張しており、余韻で感じられる苦みと共にとても心地良い。しっかりしたボディの中に繊細さや優しさも感じられるモダンなワインです。
☆2013年ベタン&ドソーブガイドの「プティ・タリュオス 2011」
「そのスタイルはまだ完成形とは言えないが、タンニンの質、後味の長さ、そのフィネス、酒質、 どれを取っても非常に高いポテンシャルを見せてくれている。目をつけておきたいドメーヌ」
☆ワイノット誌と読者テイスターが選んだ61本のうちの「ふたりでしっとり」カテゴリーで銅賞
テイスターの皆さんからは、
「休日のふたりランチに、濃いめの味つけの煮込みやパテと。」
「彼女が初めて作ってくれたビーフシチューと一緒に飲みたい。」などのコメントを頂きました。


生産者:タリュオス

タリュオス Wetterwaldと言えば、ボルドー業界人では知らない人はないラベルデザイン・印刷会社。
ジャン・リュック・テュヌバン氏のバッドボーイのラベルなど斬新なラベルを手掛けることで知られる。 この会社で、ラベルを通して数多くの著名生産者と盃を重ねる中、自らもワイン作りに身を投じることになったのは5年前のこと。
醸造家である友人との共同出資で3haの畑を買ったものの、その友人はチリのワイナリーから声がかかり、3ヴィンテージ目の収穫を目前にしてチリに発ってしまう。が、たわわに実るブドウを放っておけず、ワイン造りに専念したのが2009年のこと。

ラングドックを知り尽くしているジャック・トラノワ氏のコンサルタントの元、一人で造り始めた2年目になる2010年ヴィンテージには「秀逸の出来」とべタン&ドゥソーヴガイドにて賞賛されるほどになりました。

カバルデスという特殊な気候やテロワールを活かし、ボルドーワインのファンをも唸らせる「グラン・ヴァン・デュ・カバルデス / グラン・ヴァン・デュ・ラングドック」を造り出す注目の生産者です。
畑:カバルデス
アペラシオン:カバルデスの地図

大西洋と地中海の影響を受ける非常に特殊な気候であるが故に、許可されている品種もメルロー、カベルネ・フラン、ソーヴィニョンというボルドー品種とラングドック品種であるシラー、グルナッシュ。 他では見られないブレンドが存在するアペラシオンの1つです。

650haあるAOCカバルデスはほぼ全ての畑が南向き。標高は100〜350メートルで粘土石灰質。標高が高くなるとシスト土壌が出てきます。Taluosは標高180メートルの粘土石灰質。



タリュオスの他のワイン
タリュオス タリュオス(赤 フルボディ)
TALUOS 2010

希望小売価格: 4,600円(税込円)        
アペラシオン:カバルデス
カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン60%、シラー40%
地中海と大西洋の影響を受けている粘土石灰質の土壌。ブドウが押しつぶされないように容量10キロ以下のケースに手摘みで収穫。30〜40日間のキュヴェゾンを行うため樽に入れられる。抽出はピジャージュにて。果実味を保護するべく醸造的な処置は最小限に。18ヶ月間の樽熟後、4か月の瓶熟。


カシスやプラム、ラズベリーなどのフルーツにチョコレートや黒胡椒などのニュアンス。温かみのあるボディに酸もきれいに入っており、心地よい味わい。きめ細やかなタンニンは豊富で余韻まで続き、全体的にとても高いレベルでバランスが取れたワインである。カバルデスのワインというよりは、クラシックなボルドーに近い逸品。